ヤミ金(ヤミ金融)弁護士の相談費用

ヤミ金(ヤミ金融)に強い弁護士の相談費用について

人生は何とかなる、と今まで突き進んできた人もいるかと思います。しかし、残念ながら自分の力ではどうにもならない障害もありますよね。ヤミ金問題も同様に、何の知識もなくただひたすらしつこい取り立てに抵抗していても苦悩の毎日は終わりません。少しでも弱い立場の債務者を守ろうとする存在が弁護士です。

 

なぜ法律の専門家である弁護士がヤミ金融に強い気持ちで立ち向かえるのでしょうか。それは正しく法に法っているかどうかがカギ。世の中には消費者をサポートする貸金業が多く存在しますが、営業するためには公正に経営が可能だという証明がなければ違法なのです。財務局(国)もしくは都道府県の登録許可がなければ違反なので、懲役または罰金を支払わなければなりません。闇で貸し付けを行う悪徳業者は規制強化による上限利息を守らずに高利貸しをしたいので無許可営業をしているわけです。

 

気になるのは弁護士依頼の際にかかる費用ですが、一般的には良心的な料金のようですね。支払いは、着手金(最初に渡す金額)と報酬金(案件が解決した金額)があります。また、過払い請求して回収出来れば手数料が必要になる場合も。借金整理方法によっては必要なお金が異なるようですね。ただ、ヤミに手を出さなければならないほど貧乏な人には一時立て替えをしてくれる組織である法律扶助協会がありますので頼ってみるといいかもしれません。

 

このように、犯罪者集団といえるヤミ金には法律が威力を発揮します。相談料無料だと安心して電話・メールができると思いますのでまずは勇気を持って第一歩を踏み出してください。

 

⇒ヤミ金の無料相談窓口こちら!