ヤミ金融の都市伝説

ヤミ金融の都市伝説(漁船・臓器売買・売春・殺人・生命保険)

血も涙もない人間なんてこの世にはいないであろう、と思いたいものですがヤミ金ではそのような平和を象徴する定義は通用しません。どれだけ逃げようが隠れようが無駄で、非道な手段を用いて債務者を苦悩の日々に陥れます。返済が出来ない結果が取り立て行為をエスカレートさせていくのです。

 

ヤミ金融が当然のごとく行う回収方法は電話での執拗な攻撃。罵倒され続けても何とかやり過ごして次にとる行動は注文していない宅配サービス。ピザ・寿司・風俗嬢など嫌がらせは何でもいいのです。また、最終手段には人を人とも思わない脅迫をするのだとか。巷で噂になっている方法で有名なのが、鮪などの遠洋漁船の仕事をさせる・闇ルートでの臓器売買・家財道具すら売り払ってないのであれば体で返させる売春など。

 

どこまで本当か嘘かは定かではありませんが、つまりは“死ぬ気で(死んでも)返済しろ”という暗黙のルールが感じられます。そのほか、生命保険に加入させられて保険金受け取り欄はヤミ金業者、という話も。さすがに殺人までは・・・とは思いたいところですが、もし拉致されて殺される事態となってもコンクリート詰めにして山や海に捨てられていたら発見されない可能性もあるでしょう。

 

ヤミ金の恐ろしさは無限です。融資を受ける契約完了した時点でスタートしているようなもの。危ない橋を渡る選択は絶対に避けてください。明朗会計・計画的な返済可能・安心な業者なら人生のお助けマン的存在になることでしょう。お困りの時こそ冷静な判断力を身につける事が重要です。

 

⇒ヤミ金の無料相談窓口こちら!