ヤミ金は詐欺?犯罪?ヤミ金融の違法性

ヤミ金は詐欺?犯罪?ヤミ金融の違法性や罪名・罪状・実刑

子供のころ、「お金持ちになりたい」などという現実的な夢を持っている友達はクラスに1人いましたよね。今現在大人になってみると、その面白味のない願いを切実に感じる人は多いはず。まさか普通に稼げる社会だと思っていたのに金欠の毎日に苦悩するとは思いもよらないでしょう。大手消費者金融で多重債務を抱えてブラックになってしまえば残る道はヤミ金を利用せざるを得ないと考えてしまうのかもしれませんがとても危険です。

 

存在自体が違法な犯罪者集団であるヤミ金。現在、債務者を守るために法律が強化され営業する側に規則が設けられています。ヤミ金融はそのルールを順守出来ないので表立って経営できないわけですね。罪状はいくつかあり、貸金業法では「都道府県知事や財務局長(国)の営業許可を得ること」の点で違反しているので罪になりますし、出資法については「上限金利(年利29.2%)を越える利息の貸付契約をしてはいけない」という部分を見ても、トサンやトゴといったあり得ない利子がどんどん増えていく借金になるので詐欺のようなものでしょう。罪名は無登録営業・高金利違反となりますので懲役または罰金を支払わなければならないのです。つまりは、違法な業者から借り入れしても本当のところは返済義務がありません。

 

犯罪グループのヤミ金は水面下で弱い者を狙って執拗な催促をします。しかし、基本的には違法の塊なので警察や法律の専門家には歯が立ちません。万が一、ヤミ金被害に遭ったのなら法のプロに一度相談してみましょう。

 

⇒ヤミ金の無料相談窓口こちら!