ヤミ金(ヤミ金融)警察被害届け

ヤミ金(ヤミ金融)の対策相談で警察への被害届より有効な手段

お金を借りるべきところを誤ってしまった、と後悔しても後の祭りなのがヤミ金。一度借り入れしてしまうとあらゆる手段を使って催促をします。しかも返済していてもまた利用させようとする場合もありますし、他の業者に契約者リストが流れて別グループから勧誘があることも。急な入用にベストタイミングで優しい言葉で借入を促されると再度借金地獄を見るハメになることを覚えておきたいですね。

 

しかし、どこまでも追いかけてくるヤミ金融であれども天敵はいるのです。ヤミ金を取り締まる警察です。近年、詐欺グループが貸金業にまで忍び寄ってきては弱い立場の債務者に取り立てを行うのが注目されているのでヤミ金被害への対策強化に乗り出しているようですね。警察のホームページでは手口の他相談窓口も用意しているので知っておけば安心かもしれません。

 

ただ、ヤミ金も摘発されてしまえば組織集団ごとつぶされてしまいますので慎重に営業している部分も見られます。例えば、代表者名を伏せたり固定電話をひかずに運営したり、とすぐに尻尾を掴めない工夫をしているのです。もし、警察に被害届を出したいのであれば重要なポイントがあるので覚えておいてください。それは、証拠となる物や音を提出できるように保管しておくこと。脅迫まがいの電話の音声・借金の詳細・相手の特徴・暴力を受けた際の病院で出してもらった診断書・器物損壊の写真など。少しでも残しておきましょう。

 

警察に介入してもらえれば戦う姿勢が悪徳業者に伝わるのでいいのですが、小さな事件や問題をたくさん抱える側としてはすぐに動くのは困難。法律の面からサポート・アドバイスする専門家の話にも耳を傾け自分のベストな道を選択できるといいですね。

 

⇒ヤミ金の無料相談窓口こちら!