ヤミ金(ヤミ金融)と街金(街金融)

ヤミ金(ヤミ金融)と街金(街金融)の違いについて

借金を抱えている人には様々な理由があり、ローン返済の足しにしたり生活費に充てたりギャンブル・賭け事や遊びに散財してみたり。一度貸金業者を利用すると急な入用に対応できるので便利に感じるようですね。しかし、ヤミ金や街金に手を出すと後々苦しみかねません。

 

ヤミ金融と街金、同じ部類に分けられますが違いもあるので覚えておくといいかもしれませんね。市街地で見かけるような比較的小規模な貸金業を営む企業が通称街金です。大手とは異なった独自の経営法があるようなのでしっかりと話を聞いて申し込みしなければなりません。というのは、貸し付けを行う金額が高めに設定されている場合も多く借り入れする側としては重宝するのですが、その分滞納すればするほど返済金額が雪だるま式に増えるわけです。

 

そしてヤミ金ですが、都道府県や国(財務局)に貸金業登録許可を得ずに営業している業者のことを指します。つまりは、存在自体が違法で貸し付けする条件も法で定められた上限利息を上回っているので違反しているといえます。さらに、返済請求のやり方も債務者の人権を無視するかのような執拗な脅迫・暴力の連続だという事は多少ご存知でしょう。また、ヤミ金は携帯電話のみで営業することが殆ど。俗にいう“090金融”というポイントが街金との違いでもあるわけです。

 

サラ金・街金から消費者金融へ名称が変化しつつあり、ヤミ金も出現する・・・形態や需要に伴う呼び名の由来に違いはあれども、基本的には高利貸しなのです。低金利ではないので返すアテがない人が苦しむのは当然。まずは安心安全な融資を見極めて計画性を持つように心がけましょう。

 

⇒ヤミ金融の対策・解決方法について