ヤミ金の年金暮らしや生活保護者利用

ヤミ金(ヤミ金融)の年金暮らしや生活保護者の利用について

同じ貸金業を営む業者であっても大手消費者金融とヤミ金は違う点がいくつかあります。まず、法律に基づいた経営をしているかどうか。そして、借入条件です。ヤミ金融の場合、出資法や貸金業法を無視した内容で高利貸しを行っていますので都道府県知事や財務局長(国)の登録許可申請が不可能なのです。貸し付けもほとんど審査なしなのでフリーター・無職・主婦・未成年にとっては利点となるようです。

 

誰でも融資が受けられるヤミ金は無収入でも安心して借りられるというのがウリ。ですので収入見込みがなくても申し込みは出来ますが執拗な催促で返済を迫られます。ヤミ金業者としてはつついてもなかなかお金が出てこない人間よりも手っ取り早く安定した金額が入る年金や生活保護受給者の方がおいしいカモになるようです。年金は高齢者が毎月一定額受け取れますので、そのポイントを悪用。質屋を装う手口も増加し相手から通帳と印鑑を預かるのです。口座から自動引き落としして甘い汁を吸い続ける手法だといえるでしょう。生活保護対象者にも同様で、生活程後受給者カードを担保に貸付契約をします。すると、毎月返済支払いに充てられるわけです。最近問題視されるのは、遊ぶ金欲しさに低所得者が生活保護を受けている実態。医療費無料、税金免除など利点が多いので受給者も安定した返済金がもらえるヤミ金も有難いシステムのようです。

 

このように、ヤミ金は何でも利用してしまう良心のかけらもない犯罪者集団。もし、一般人が借金をしてしまうととんでもなく苦しめられるのは言うまでもなし。1人で借金地獄を乗り越える事は精神的ダメージが広がるだけなので一度法律の専門家に相談してみるのがおすすめです。

 

⇒ヤミ金融の対策・解決方法について