ヤミ金(ヤミ金融)と消費者金融(サラ金)

ヤミ金(ヤミ金融)と消費者金融(サラ金)の違いについて

「お金がない!どうしよう・・・」と急な入用で困った時にまず借り入れを考えるのがCMや駅前に店舗を持つ大手消費者金融(サラ金)ではないでしょうか。広告に人気タレントを起用することで世間的にイメージアップとなっているようですね。一方、ヤミ金という言葉も耳にした経験がある人も多いと思いますが、実は重大な違いがあるのです。

 

ヤミ金融(通称:ヤミ金)は表向きはただの高利貸しのようですが、法律違反のオンパレードを誇る犯罪者集団。つまり、裏社会という“闇”でしか営業できない悪徳業者なのです。ダイレクトメールで甘い謳い文句を並べていますが言葉につられて契約してしまえば恐怖の借金地獄と取り立てが待ち構えているので注意が必要。消費者金融(サラ金)との決定的な違いとは、国や都道府県知事の登録許可を得ているかどうか。ヤミ金は認可を受けずに営業しているので出資法違反。ではなぜ申請していないのか・・・それは法で定められた上限利息を超えて貸し付け契約しているからなのです。グレーゾーンとなるのが、登録番号もあり年利が賃金業法の規定内に収まっていても実際には固定電話を持たずに何度も登録し直す“090金融”であったり、申し込み後に手数料などを上乗せして返済請求したり、ずる賢くすり抜ける術を知っているので見極めが難しいところ。

 

ヤミ金・消費者金融(サラ金)両者ともお金を貸してくれますが、利子は高くつきますし何より家族に知られてしまう危険性が高いのです。誰にも内緒で融資が受けられて、なおかつ返済も安心して支払い可能な業者を検討することをお勧めします。

 

⇒ヤミ金融の対策・解決方法について