ヤミ金の特徴や見分け方

ヤミ金の特徴とは?ヤミ金融の見分け方・見分ける方法

“お金を借りる”という行為からしてイメージが悪いもの。まるでギャンブル遊びやブランド品購入ばかりで生活費を考えておらず無計画だ、と判を押されているような印象が世間に浸透しています。しかし、親戚の冠婚葬祭が続いたり家族の急病や入院、子供の教育費など想定外に起こった出費もあるので一概にダメだとは言い難いのです。しかし、金欠だからといってヤミ金を利用する事は絶対に避けましょう。

 

執拗な取り立て・高い利息により契約者を窮地に追い込むヤミ金融。見渡せばたくさんの貸金業が存在していてなかなかヤミ金を見極めるのが困難でしょう。少しでも見分ける方法が分かっていれば危険にさらされる事もありませんので覚えておくといいかもしれませんね。簡単な特徴として挙げられるのが、貸金業登録番号があるかどうか。日本では、貸金業の営業するために都道府県知事もしくは財務局(国)に申請・許可をもらわなければ違反です。難しいグレーゾーンとなるのが、登録番号があるにも関わらずヤミ金であること。ここにも見分け方があり、「(◎)第00000号」の(◎)の数字が若ければ若いほど短い経営期間。つまり、正体を知られたくないので何度も登録し直す手口が窺えます。また、集客にDMや広告チラシをガードレール・電柱に貼る事をしていればヤミ金の可能性が高いです。会社住所を詐称していたり携帯電話が連絡先である場合もクロ。全て足がつかないための手段なのです。

 

ヤミ金の特徴や見分け方はまず落ち着いて様々な角度から確認する事。一度“金づる”のターゲットにされてしまうといつまでも付きまといます。借金地獄になる前に安心安全な借入が出来る業者を検討することをおすすめします。

 

⇒ヤミ金の無料相談窓口こちら!