ヤミ金の怖さとは?暴力団の恐怖

ヤミ金の怖さとは?取り立て・脅迫・嫌がらせと暴力団の恐怖

人間が人間を死へと追い詰める・・・そんな恐ろしい事は絶対にしてはいけませんがヤミ金業界では当然のごとく恐怖の取り立てが行われています。ニュースでも時折目にした経験がある人もいるかもしれませんが、ヤミ金融の脅迫は凄まじいものがあり、債務者は一度ターゲットにされると執拗な脅しに遭います。

 

ヤミ金の取立てですが、最近では老夫婦が借金を背負って電車の前に出て心中しましたよね。法外な金利の為に色々と金策に走って工面しようとしたようですが精神的に参ってしまったのだとか。巷のウワサでは返済出来なければ海に沈められたり女性であればどこかに売られたり、と嫌がらせでは済ませられない事態に・・・どこまで真実かは分かりませんが、取り立ての方法が怖さがつきまとうのです。

 

最初は優しい顔をして借り入れさせ、膨れ上がっていく利息に苦しむ契約者に脅しの日々が始まります。基本的には電話攻撃とファックス。1日に何十件も鳴り響くコール音はずっと続くようです。また、会社にも電話をかけてきて業務妨害ともとれる脅しをするので上司にも知られてしまいますし信用も失いますよね。他にも、注文してもいないピザや寿司の配達・言葉の暴力・誹謗中傷を書いた紙の貼り出しなど。ヤミ金の裏で糸を引いているのが暴力団である場合もあるので取り立ての脅し方は尋常ではありません。

 

1人で悩んでいるとよい方向へ結果を導き出せないと思ってください。最終的に「自分が死んだら丸く収まるのではないか」という錯覚に陥ってしまうだけですから。まずは相談無料の専門家にお問い合わせしてみる事をお勧めします。

 

⇒ヤミ金の無料相談窓口こちら!